101ferret / フェレットの飼い方 / 種類

フェレットの飼い方カテゴリ

フェレットの種類

ここではフェレットの種類、品種について紹介しています。フェレットの種類は意外と豊富で、細かく分けるとその多さに驚いてしまうほどです。個人でその全て紹介する事はちょっと難しいので、もっと詳細にフェレットの種類について知りたい方は、フェレットの本等を購入されるとよいと思います。

まぁ一応フェレットサイトの定番ということで、簡単ですがフェレットの種類、品種について説明します(笑)

種類の名称

フェレットは毛色からいろいろな種類に分けられ、それぞれに名称がつけられています。同じ種類のフェレットをさす場合でも、地域によって呼び方が違う場合もあるようです。

以下代表的なフェレットの種類、品種を挙げます。 以上が基本的なフェレットの種類になります。

この種類とファーム(生まれた所)により、様々な個性を持つフェレットが私たちの前に存在するわけです。では一つずつフェレットの品種の紹介をしていきます。なにぶん出来立てのHPなので写真が無くてすみません。いつかは品種ごとの写真集にできればなぁって思います。

 ◆セーブル

 ペットショップで一番多く見られるのが「セーブル」という品種です。毛は黒〜茶色とクリーム色で、お鼻は茶色や斑点模様が一般的です。同じセーブルでも、毛の濃さによってライトセーブルやブラックセーブルと分けて呼ばれます。目にすることも多いため、最初の一匹目はセーブルを飼う方もおそらく多いのではないでしょうか。


 ◆バタースコッチ



セーブルをもうちょっと暖色系の穏やかにした色が「バタースコッチ」という品種です。イギリスの伝統的なキャンディー”バタースコッチキャンディー”のような柔らかな茶色が特徴で、お鼻はピンクが一般的です。


 ◆シナモン



バタースコッチをもう少し明るくした、薄茶色〜クリーム色が「シナモン」という品種です。その名の通り、香辛料であるシナモンのようなきれいな色が特長で、優しいやわらかい印象があります。近い品種として、もう少し明めの「シャンパン」いう名称で呼ばれる種類もあります。


 ◆アルビノ

前身白からクリーム色の、なんだか高貴な感じがする品種が「アルビノ」です。特徴的なのは赤い目。初めて写真で見た時はなんだかねずみみたいでどうかなー、と思う方もいるかもしれませんが、実際見てみると白クマみたいでとってもかわいい!色の濃いセーブルを見慣れた人には魅力的に見える品種でもあるでしょう。


 ◆シルバー

「シルバー」は白と黒の毛の混ざり具合でシルバーに見えるという事でこの様に呼ばれるようになった品種です。この品種も模様によって分類されるのですが、一番有名なのはシルバーミットという種類でしょう。ミットとは手足の部分が白いということです。要するにミットを着けてるように見えるって事でしょうね。シルバー系の品種は、クールなイメージでとってもかっこいいです。


 ◆ホワイトファー

大変めずらしい品種です。ぱっと見はアルビノと同じような感じなのですが、目が黒いのが特徴で「ホワイトファーブラックアイ」と呼ばれます。お値段もかなりお高めな品種なのでお金持ちじゃないと飼えないかもしれないですね。アルビノと違って先天的に色素がないわけではないので部分的にうっすらと黒い毛が生えてくる事もあるそうです。まあとりあえず高貴な感じがする品種です。


 ◆その他

そのほかにもパンダに似てる「パンダ」や、シャム猫に似てる「シャム」、毛が長くてがっしりしている「アンゴラ」など様々な品種のフェレットがいます。名称がそのままじゃぁーんってのも多いですね。これらは一般的なペットショップではあまり見かける事はないでしょうが、個性的でとってもかわいい品種です。



もしよろしければ…

now printing部分のお写真を提供してくださる方は、メールでその旨お知らせいただけるとうれしいです(^^)。

↑ページTOP
Recommend
お勧めの本

ペットの栄養学

本の内容はかなり難しいです。しかし栄養学から、ガンの発生のメカニズムまでを、詳しく説明しています。

フェレットフード
ferret food

そのフード、安全ですか!?

毎日食べるものですから、よく考えてフードを選ばなければいけません。少しの知ッがあるだけでも、最悪なフードを選ぶことは避けられます。詳しくない人はお勉強しましょう。